ホーム » 施工例 » 生駒市 H様邸 敷地をひろびろと開放的に使えるオープン外構!

生駒市 H様邸 敷地をひろびろと開放的に使えるオープン外構!

全体



敷地を仕切らない分、空きスペースを有効に使えるのもオープン外構の特徴
スペースを取らない縦型ポストを取り付けた白い塗り壁の門柱は、すっきりとした印象に仕上がっています。門柱の背景にもなっているシンボルツリーのヤマボウシの植栽桝は玄関扉のさりげない目隠しとしての役目も!
DSCF1604
DSCF1606
玄関に通じる階段は、通路に角度をつけ距離をながくとることで変化をもたせています。両脇に植栽桝があるので身近に緑を楽しむことができます。 玄関脇の植栽桝には、年中きれいな黄緑色の葉が特徴の矮性コニファー・フイリフェアオーレアや斑入りの葉がきれいなつる性ビンカマジョールなどがおすすめです!
画像 005 / / / / / / / / / / / / / /
画像 006 / / / / / / / / / / / / / /
<タイルテラス>
敷地角の余ったスペースは外側で使わないままになってしまいがちです。思い切って全面タイルテラスにすると室内からの使い勝手もよくなり室内も広くみえる効果があります。
<駐車スペース>
殺風景な印象になりがちなコンクリート打ちの駐車スペースも目地のデザインをつけ、芝生やタマリュウなどの緑を増やすことで表情あるスペースに変えることができます。